« 2011年2月 | トップページ

2012/05/10

2010年7月にワイヤレスマイクについてのパブコメに投稿した内容

A型ラジオマイクの引越し先がやっと明らかになったわけですが、概ね自分が思っていたのと同じ結果になったので記念に投稿しておきます。

以下は2年ほど前に「ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数確保等に関する再意見募集」と称するパブコメに自分が投稿した内容です。総務省の該当ページの63番で読めますがZipで固めてあるという謎仕様で誰も読まないと思うのでここに置いておきます。

-------------------------------------------------------------------------------------
・ホワイトスペースの有効活用について
 ・現在770-806MHzのFPU帯において運用されているA型特定ラジオマイクは、今後、地上波UHF放送の未使用帯域、いわゆるホワイトスペースに移行することが可能であると考える。

・欧米におけるワイヤレスマイクのTV帯域での運用実績
 米国、及び欧州の多くの地域では古くよりTV放送帯域の未使用チャンネルを利用して業務用ワイヤレスマイクを安定運用しており、長年の実績がある。

・ワイヤレスマイクは小出力
 ワイヤレスマイクは出力が比較的小さく、日本では10mW、欧米でも50-100mW以下である。TV放送の受信に与える影響範囲は比較的小さく、慎重な運用により干渉を避けることが十分に可能であると考える。

・特定ラジオマイクに限定することで安全な運用が可能
 ホワイトスペースにおいて運用するワイヤレスマイクを、A型特定ラジオマイクと同様の扱いとすることを提唱する。特定ラジオマイクのユーザーには放送との干渉防止に配慮しつ安全な運用を図る高い意識が期待できる。

・特定ラジオマイクの20年の運用ノウハウを活用し干渉回避
 ホワイトスペースにおいても、特定ラジオマイク利用者連盟による運用調整を行うことで、現在と同様に安全な運用が可能と考える。地域ごとの利用可能チャンネルの情報提供を同連盟がおこなうことも可能だろう。


・将来のホワイトスペース・デバイスとの共存のために
 特定ラジオマイク利用者連盟の運用調整システムは、既に20年の実績のある「ロケーションデータベース」である。
 これをさらに高度化、自動化し、今後ホワイトスペースへの導入が予想されるワイヤレスブロードバンド・デバイスのロケーションデータベースと連動させることにも可能と考える。

・ワイヤレスマイクにも国際協調を
 海外からの来日公演を実施するような著名な音楽家にとって、ワイヤレスマイクは楽器と同様であり、別機種への代替えは困難である。仮に、日本だけが諸外国とかけ離れた帯域(例えばGHz帯)へ移行すると、日本の限られた市場規模では開発コストが高くつき、需要に合致した製品が供給されない可能性が高い。
 欧米と同じ帯域でワイヤレスマイクを運用すれば、海外製の器機を周波数の簡単なローカライズだけで導入出来る。
 同様の理由から出力についても、欧米と多くの地域と同様に50mWから100mWの出力が認められるべきと考える。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ