« 2010-12-30のつぶやき | トップページ | 2011-01-01のつぶやき »

2011/01/01

2010-12-31のつぶやき

  1. 押し迫ってまいりました。
  2. ちょっとコミケ行ってくる。
  3. 離脱して新木場へ。初めて来たコミケかなり面白かった。ミリ、鉄、輪などで散財。ボカロCDは買わず。
  4. 97式からUS2までの飛行艇本買えなかったのは残念。
  5. コミケ戦利品1。自転車本各種。定番のシリーズ漫画があるらしいが発見出来ず。
  6. コミケその2。産廃業界本。これはためになる。
  7. コミケその3。零戦国内保存機、保存蒸気本。地味だけどこういうのは好き。
  8. コミケその四。兵器本シリーズ。ホルテン全翼機本など。
  9. コミケその五。プロ作家による日本のロケット砲本、ドイツ軍歌のカタカナ歌本!など。
  10. コミケその六。欲しかったアキバ生活ガイド本。作者の方とエレベーターの数の話などする。
  11. コミケその七。スカイツリー本。空撮などもあり本格的。
  12. コミケその八。廃墟本。廃墟系サークルはいくつかあって人気がうかがえました。
  13. コミケその九。一冊十円で売られていた航空史本。推進式本なのに震電については十行も割いていないところがマニアック。
  14. コミケその十。欲しかった宇宙の傑作機シリーズなど。右下は食玩「王立科学博物館シリーズ」のパロディのはやぶさリーフレット。モリナガ画伯のイラスト、松浦晋也氏の解説など本物クオリティ。
  15. コミケその十一。はやぶさ関連二冊。替え歌入り表紙の小冊子とコスプレイヤー「秋の『』」氏の写真集。凄いクオリティ。
  16. コミケその十二。スペアナ本と長岡本。スペアナの方はクラシックCDのおよその収録帯域の目安に。RピークホールドしたRTAグラフです。
  17. コミケその十三。mogra界隈のDJの対談やIT戦士Yukatan寄稿のが読める論評本など。
  18. コミケその十四。論評もの各種。左上期待通り面白い。
  19. コミケその十五。空耳アワー辞典。17年分の空耳を完全網羅。CD番号、空耳発生タイム付で便利。
  20. コミケその十六。東方キャラが粉飾決算の手口を暴きます。経営者必読!
  21. 空耳アワー辞典の中身はこんな感じ。
  22. 隅々まで作りこまれたいい本ですね!プラスドライバーのページ特に気に入りました。RT@matsusaburo:@meza3 作者です、気に入ってもらえて何よりです、これからもご愛玩くだされば幸いです
  23. 紅白生中継のURL誰か教えて!(嘘)
  24. 来年のPA機材動向を勝手に妄想。大型ラインアレイではMARTIN AUDIOのMLAが注目される。1世代先をゆくユニット個別制御のデジタルステア。注目される割にはそんなに売れない。
  25. 来年妄想2。中型ラインアレイと棒状ラインアレイはRENKUS HEINZのiLiveが注目される。DSP制御でマルチビーム。それなりにパワフル。しかし、信じられないほど高価なのでそれほどたくさんは売れない。
  26. 妄想3。Nexoが米国市場への浸透を狙って4x12インチの指向性制御ラインアレイを発表。中会場用Geo-Dのほうが大会場用Geo-Tより大きいというネジれが解消される。(全然根拠なし。100%妄想です)
  27. ニコニコエンドロール始まった!
  28. 去年は現場だったから 一昨年みたのかな。エンドロール。
  29. ニコ動黒字化おめ
  30. おお、はやぶさ再突入。あれは今年ニコニコで見た最高の感動だった。

Powered by t2b

|

« 2010-12-30のつぶやき | トップページ | 2011-01-01のつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36813/50456747

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-12-31のつぶやき:

« 2010-12-30のつぶやき | トップページ | 2011-01-01のつぶやき »