« 2007年3月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/05/21

エアショーはスリル満点!その2。セイバーは何か大切なものを落としていきました。

F-86Fセイバーです。初代ブルーインパルスもこの飛行機を使用していました。

Img_1667_1

Img_1687

翼下に落下式燃料タンクを懸架しています。落下式といっても勿体無いので実戦のとき以外は落としません。

何度目かのパスのとき機体から何かが分離したように見えました。えっ?

Img_1720

落下していく燃料タンク。ドロップタンク投下デモとは、なんと気前のよい。

Img_1737

着陸した同機。右のドロップタンクが無くなっています。

人にあたらなくてよかったですね。

以下、その他いろいろ。

続きを読む "エアショーはスリル満点!その2。セイバーは何か大切なものを落としていきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアショーはスリル満点!その1。B-17G受難編

朝、B-17G Fuddy Daddyの写真を撮っていると、

Img_4618

右主翼の前縁に何かぶつけたような凹みが。

Img_4620

へこみというよりは、穴が開いてます。表面板だけでなくリブ(小骨)も歪んでしまっています。いったいどうしたんでしょうか。こんなんで飛んで大丈夫なんでしょうか?

機体を磨いているスタッフに聞いてみました。
「あの穴はどうしちゃったんですか?」
「昨日、飛んでたら鳥がぶつかったらしい。かなり大きな鳥がね。」
「今日はこのまま飛びますか?」
「うーん、まだ決まっていないけど、どうかな」

なんと。バードストライクであんなに壊れちゃうとは。昨日の写真で確認してみましょう。

Img_0202

離陸位置にむけてタクシング中。右翼前縁に異常は認められません。

Img_0395

最初のパス。異常なし。さほど高速ではないはずです。300-350Km/hくらいでしょうか。

Img_0442_1

2度目のパス。上の写真から約3分後。右翼に穴が開いています。3分間の間に鳥がぶつかったことになります。リブが曲がるほどの衝撃がコックピットを直撃していたらどうなったのでしょうか。多分、主翼前縁よりもコックピットのアクリルガラスのほうが丈夫に出来ていてちょっと跡がつくくらいで済むのでしょう。そうだということにしておきましょう。

結局、今日はB-17Gは飛びませんでした。

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

零戦が2機 Planes of Fame エアショー Day2

さて二日目です。

Img_1214 

Img_1219

Img_1282

やった。ついに零戦の2機編隊を捉えました。
1枚目、手前は零戦五二型 61-120です。飛行可能な零戦は数機ありますがこの機だけがスバル製のオリジナルエンジンで飛んでいます。パイロットは Planes of Fame創設者の息子のジョン・マロニー氏。
後ろは二二型 X-133号。オリジナルのエンジンが入手できないため、アメリカ製のエンジンを変わりに積んでいます。

61-120は12年前に来日したときに北海道に見に行きました。X-133は10年前にここで見て以来、何度か見ていますが飛ぶのは初めてみました。感激。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

2月に続いてChinoに来た/Planes of Fame Air Show 2007

所用のついでにまたまたChino Airport (ロスアンゼルス国際空港から車で1時間)に来ました。今度はタミフル飲んでないないので体調も万全です。

Img_0226

そしたら何か人がいっぱい来てるんです。何なんだこの人出は。Air Showとか書いてあるし。PAスピーカーもいっぱい立っています。

続きを読む "2月に続いてChinoに来た/Planes of Fame Air Show 2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/18

昔むかし、遥か彼方の銀河系で

帝国を倒したルーク・スカイウォーカーは、キャリー・フィッシャーとともに惑星タトゥイーンで叔父の農場を継いで平和に暮らしていた。

ある日、農作物の世話で酷使され続けた農業用ドロイドがついに壊れてしまった。砂漠の農場では水を断たれた農作物はあっという間に枯れてしまう。
ルークは戦利品の白いヘルメットをバケツ代わりに水を運ぼうとしたが焼け石に水で運べど運べどまるではかどらない。

困り果てたルーク。そこにヨーダの霊がVFXで現れてこういった。 

続きを読む "昔むかし、遥か彼方の銀河系で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

今年のウシャコダは本気(マジ)だ!なんと新譜も発売決定!!Mixed By 弊社武井

来る5月26日に開催される「松戸一揆其の参」のPAを仰せつかった私は、彼らのライブを見に松戸市馬橋のライブハウス、オリンズに約2年ぶりに逝ってきた。

セットリスト。
・If I Had A Hummer ~ Billy's Bag  
ビリー・プレストン・メドレー。1982年ごろの定番のオープニング・パターンだ。フォーク界で「天使のハンマー」として知られるダイナミックなコード進行とメロディがミッドテンポのタイトなR&Bインストとして再構築される。Billy Prestonのオリジナルでバックを務めたピアノに代わってギターのカッティングがよりタイトに平常心で刻まれる。ウシャコダ・リズムセクションの最良のプレゼンだ。続いてアップテンポのBilly's Bagの途中でVocal登場。ハモンドのグリスとレスリーのドップラーエフェクトが(今日はヤマハだしラインだけど)がR&Bショーの始まりを告げる。
・Soul Man (Sam & Dave)これは久々聴く。基本ですな。
・Something You Got (Chris Kenner)いつもの。
・Woman across the River (Freddie King)モロなスローブルースはあんまりやってなかったような気がしますが、かなり良いです。
・Let The Goodtime Roll いつもの。
・ウー・シュビドゥビ (Can't Get Enough//嵐を呼ぶ男/好きさ好きさ好きさ)
本日はドラムコーナー。井野氏のVocalはウシャコダ史始まって以来だそうです。

休憩はさんで、

・Sake song(題名不詳)最強のドラッグを題材にした数え歌。バラクーダに対抗して作られたもののあまりにくだらないのでお蔵入りになっていたという。結構かっこいいのが笑える。

・Super Soul (Soul children)
・Don't take my sunshine a way (Soul children)
Super Soulは初めて、Don't Take My-のほうは2年ぶりに聞きました。名曲度めちゃくちゃ高し。曲名がわからなくて検索しても「You Are My Sunshine」ばかりヒットするので苦労しました。今買った

・Turn Back the Hands of Time(Tyron Davis
あ、タイロン・デイビスってデビッド・リンドレーのやってたTurning Pointの人じゃないですか。もしかしたらLPあるかもしれないけど、とりあえずAmazonでクリック。これもウシャコダでは初めて。

・Hey Hey Hey
・カモナ・ウシャコダ
・Wake up this morning

-EC-

・何年たっても

最後はややあっさり気味にいつもの流れで締めくくりました。
今回のライブは近年あまり演奏されていなかった曲が盛りだくさんで松戸一揆へ向けてエネルギーを高めつつある様が感じられました。期待が高まります。

そして、松戸一揆其の参の会場で、ついにウシャコダの25年ぶりの新譜がリリースされることが発表されました。一昨年の松戸一揆ライブからのミニアルバムです。発CD化の幻の名曲も含まれる予定です。なんと私が弊社旧社屋(現:焼き鳥屋)大井町事務所でトラックダウンした音源が使われることになりました。あり得なーい。続けていると信じられないことが起こるものです。

当ブログをご覧になっている方の中から4名の方を松戸一揆その参にご招待します。
ご希望の方はメールにて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年7月 »