« AES東京コンベンション2005のワークショップに参加します | トップページ | 突っ込んだネタは無しな方向で>AESコンベンション »

2005/07/05

VRX932LAを導入しました。

弊社、というか有限会社パブリックアドレスはJBLがこのたび発売した小型ラインアレイ、VRX932LAを日本国内で初めて導入いたしました。

VRX932LAは三脚スタンドにも設置可能な小型のラインアレイです。
もちろんフライングも可能で、様々なシーンでPAサービスの品質を改善しうる製品です。
弊社では同製品をいち早く導入することにより、日本のPAの音をカイゼンすべくまい進して行く所存でございますので、どうかよろしくお願いいたします。

IMG_3107

|

« AES東京コンベンション2005のワークショップに参加します | トップページ | 突っ込んだネタは無しな方向で>AESコンベンション »

コメント

おおお!
これまた、がんばってください。
そのうちご利用させていただきます。

話かわりまして、ご存知かと思いますがこんなのがリリースされましたね。
http://www-6.ibm.com/jp/pc/thinkpad/tpx41_t/tpx41_ta.shtml
IBM初なのでしょうか?

投稿: | 2005/07/06 17:56

コメントありがとうございます。
タブレットPCはキーボード無しのピュアタブレットが好きなのですが、これは1台欲しいですね。

一般販売されるタブレットPCとしては同志LENOVO初の製品です。
IBM時代から、生保等向けの専用端末みたいなタブレット型PCはやっていたのではないかと思います。
タブレット的なものとしては、
http://www.pc-view.net/News/Old/0105/1101.html
というユニークな製品がありました。
でも売れなくて最後は10万くらいで投売りされていました。。。

投稿: meza@webmaster | 2005/07/06 23:02

LAKE USERはこれがあれば自由度がUP?
日本では難しそうですが。

http://www.lectrosonics.com/wireless/400/tm400.htm

投稿: | 2005/07/08 23:59

コメントありがとうございます。
コレ、気になっていました。
使えるものなら欲しいですね。。。
まぁ、普通のコンパンダーWLシステムでも結構いけます。帯域の端っこの落ち方を把握してればノイズによる測定では問題ありません。
ダイナミックな音源でどのような問題があるか(ないか)はちゃんと検証してみる必要がありますね。

投稿: meza@webmaster | 2005/07/09 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36813/4840606

この記事へのトラックバック一覧です: VRX932LAを導入しました。:

« AES東京コンベンション2005のワークショップに参加します | トップページ | 突っ込んだネタは無しな方向で>AESコンベンション »