« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/22

高円寺のロックバー「ジェシエド」へいってきた

Jesseed大学の先輩でテレキャスターを弾いていたSさんが高円寺でバーを開業したという話を人づてに聞いたのは2004年の春だった。
店の名は「Jesse Ed」。きっとそういう店なのだろう。21時にオープンするというその店に何度か出かけたが看板に灯がともっていたことは無かった。
もしかしたら閉店してしまったのだろうかと忘れかけていた先週末の夜半過ぎ、東高円寺でAコースティック社の方々と飲んだおりに試しにいってみたら開いていた。

続きを読む "高円寺のロックバー「ジェシエド」へいってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/17

電源ドラムは巻いたまま使用しては駄目?

サンレコ2月号を眺めていたら驚愕の記事が。

「スチール製のドラムにケーブルが巻かれた状態は、鉄しんコイルというものになっていると考えることができます。これに電流が流れると磁界ができるわけです。しかもコイルというものは交流に対して抵抗として振る舞います。その抵抗値は交流の周波数に比例し、周波数が高くなるほど大きくなります。電源ケーブルはできるだけ電気抵抗が小さいものが良いのですが、巻いてコイル化したために抵抗値が上がってしまうと、電圧降下を起します。ということはその分、電流を多く流さなければならなくなります。最悪の場合ではケーブルが発火し、花火に!!といったこともあります。」
そんなバナナ

過熱の恐れがあるのは真実ですが、原因はインダクタンスじゃなくてただの放熱不良でしょう。
ケーブルが密に巻かれたままだと、導体の抵抗による発熱を空冷で逃がすことができないのが問題なわけです。
従って、僅かな容量しか使わないときとか、短時間しか使わないときはケーブルがドラムに巻かれたままでも問題無いです。

続きを読む "電源ドラムは巻いたまま使用しては駄目?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

電気音響屋は還付金の夢を見るか

いつもお世話になっているフリーランスのエンジニアの方への支払いから不要な源泉徴収をしてしまったことが発覚。 お詫びの連絡を入れるとともに、源泉徴収の根拠について今一度確認してみることにした。

国税局タックスアンサー税務相談室のリストから東京国税局局室へ電話してみた

続きを読む "電気音響屋は還付金の夢を見るか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/01

謹賀新年

IMG_1369

大晦日は弊社の人的・物的リソースの約80%を横浜赤レンガ倉庫に投入してビジュアル系カウントダウンライブの音響業務を遂行。

仕込み途中から大雪。朝6時に本番が終了して外へ出たら元旦の朝が晴れやかに明けていました。皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »