« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/24

武道館はやっぱり素晴らしい

IMG_1349一昨日は久々に武道館で歌モノの仕事をした。
ここ数回は、全周客席とか、下置き一切不可とか何かしらチャレンジングな条件を楽しんでいたのだが、今回は特別な条件は何もなかったので、自分で少しだけ新しいことを試みてみた。

続きを読む "武道館はやっぱり素晴らしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

質問:ボブ・ディランのアルバムでお勧めは何ですか 回答:

大学の先輩で、音楽マニアでブルース好きでオルガン弾きで今は学校の先生をやっているN先輩からメールで表題の質問を頂いた。以下、私信。

はい。ボブ・ディランは割と好きなほうです。覚えていてくれて光栄です。
Down in the floodのカバーとはまた渋いですね。
そのロジャー・ティリソンバージョンは聴いていませんが、Down in the floodがお気に入りでしたらやはり60年代中期から入られるのが良いと思います。「地下室」自体は割りとアレなアルバムなので、「Down~」のために買うと割り切ったほうがいいいかと思います。
では、

追憶のハイウェイ61
cover

 A面1曲目の「ライク・ア・ローリングストーン」からB面最後の「廃墟の街」まで捨て曲無しの超良作揃いなのですが、特にB面の4曲の流れが素晴らしいです。
 B1.程よく脱力した8ビートを叩くドラムとラフなギターのストロークの上にホンキートンクなピアノが転がる「クイーンジェーン」に始まり適当なブギの「ハイウエイ61」、とても誠実そうに爽やかに美しく歌われる「親指トムのブルースのように」、そして2本のアコースティックギターとベースのみで11分22秒にわたって格調高く演奏される「廃墟の街」まで、何度繰り返して聴いても飽きることはないでしょう。
 しかし、この非の打ち所のないような名盤のなかでA1.「ライク・ア・ローリングストーン」だけ6週間ほど前に録音されており、微妙に雰囲気が異なっています。名曲臭が強すぎるのかも知れません。アルクーパーのオルガンとか大仰だし。もしもこの曲が入っていなかったら(気まぐれなディランならやりそうなことです)このアルバムはマイク・ブルームフィールドのロックでブルースでパンクな超カッコいいギターの「トゥームストーン・ブルース」から始まることになります。それはそれで素晴らしいアルバムになるような気がします。

ブロンド・オン・ブロンド

 こちらも名盤度は折り紙付です。D面最後の「ローランドの悲しい目の乙女」には癒されます。部屋を少し暗くしてこの11分の曲をリピートモードで延々と聴いていたいものです。
 アナログ時代には2枚組みのこのアルバムが高価で手を出しにくく、なんとなく後回しにしているうちにCD時代になってしまいました。そんなわけで「追憶の~」ほどには猿のように聴きまくっていないので今でも若干の新鮮さをもって聴いています。私の無人島レコード候補No.1です。

他にも「激しい雨」とか「Saved」とか「Street Regal」とか「血の轍」とか「Royal Albert Hall Concet」とかお勧めしたいのは山ほどありますが、まずは上記の2枚をお勧めします。どちらか1枚を買うなら「追憶の~」を推します。

続きを読む "質問:ボブ・ディランのアルバムでお勧めは何ですか 回答:"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/08

大戦機のエンジンが1年以上もうちの近所に放置されていた件について

「うちの山に、戦争中に墜落したとみられる飛行機(グラマン?)があります」との書き込みでそのスレッドが立てられたのは今から3年余り前のことだ。
50年以上前の戦闘機の残骸が未だに九州の里山に放置されているという、絶対あり得ないとも言い切れない微妙なそのネタに軍事板の住人の喰いつきは悪くなかった。

続きを読む "大戦機のエンジンが1年以上もうちの近所に放置されていた件について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

IBMがPC事業から撤退?

マジっすか?

ThinkPad220, 560, i1124, X21, A31Pと、今までにたったの5台しか購入していないライトユーザーではあるが、ThinkPad以外のノートPCを検討したことが無い程度にはこのブランドに忠誠心を持っている。というか、マジで困るのでなんとか続けて欲しいっす。ウルトラマンPCをいつもベルトに装着していたK藤さんお元気ですか。お願いだから継続頼みます。

続きを読む "IBMがPC事業から撤退?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »